仕事の効率を高めるために|オフィスにコーヒーが飲める環境を作ろう

Menu

導入時に考えること

自販機

ランニングコストを考える

職場でコーヒーを飲みながらリフレッシュし、その後の作業にも集中させる効果もあり、オフィスコーヒーを導入する会社も増えています。置く場所も少ないスペースを活用でき、職場内でのコミュニケーションも図れ、良いことも多いのです。しかし、オフィスコーヒーの導入には電気代やメンテナンスなど、導入前に考えなくてはならないことがあります。飲む時間は人それぞれなため、ドリップされたコーヒーが煮詰まり美味しくなくなってしまったり、飲み残しが出てしまうことがあります。オフィスコーヒーを導入する際は、一杯ずつ抽出されるマシンにしてコストを減らしましょう。コーヒマシンを業者からレンタルするか、自分で購入するかを考えましょう。業者からのレンタルでは豆の補充からメンテナンスまでを行ってくれ、自分でマシンを購入する場合には安い物から高いものまで、自由に自分好みの物を選べます。業者によっては無料でレンタルできますが、豆代が高くつく場合があります。オフィスコーヒーは水道代から電気代が毎月かかり、ドリップ式のマシンは豆をセットする部分の掃除が欠かせません。最低限の予算でマシンを自分で導入するよりも、美味しいコーヒーを提供できるマシンと豆を業者に依頼した方が、結果的にお得な場合もあります。メンテナンスも業者の人に任せれば、基本マシンを置いておくだけでコーヒーを楽しめます。職場の外にコーヒーを買いに行く手間を省けるのが利点でもあります。

Copyright© 2017 仕事の効率を高めるために|オフィスにコーヒーが飲める環境を作ろう All Rights Reserved.