仕事の効率を高めるために|オフィスにコーヒーが飲める環境を作ろう

Menu

コーヒー

職場のリフレッシュに

オフィスコーヒーマシンは、部署単位やグループ単位で低予算で導入する事が出来ます。オフィスコーヒーマシンのおかげで、職場のコミュニケーションがスムーズに展開して、和んでる場を多く見られるようになっております。皆で、飲みたいコーヒー豆を発注する事も可能です。

詳しく見る

男女

満足度を高めて効率アップ

コーヒーメーカーを導入することで社員の満足度が上がり仕事の効率が良くなることが期待出来ます。また、コーヒーには眠気を覚ましたりリラックス効果などが期待出来ます。コーヒーメーカーを導入する方法としては会社で購入する方法と業者に依頼する方法があり、それぞれにメリットが考えられます。

詳しく見る

コーヒー

導入のメリット

最近は社内にオフィスコーヒーの機械を導入する企業が多くなって来ています。オフィスコーヒーの機械の導入には様々なメリットがあります。特に、この機会を導入することによって社員の休憩時間を効率的にすることが出来、時間も確保できるメリットは大きいです。

詳しく見る

コーヒーとキーボード

お手軽に飲みたい

飲料メーカーからコーヒーのサーバーをレンタルする際はマシンの種類に注目して選びましょう。少人数の企業であればデスクに置けるものが便利です。またどのようなサーバーを選ぶのかによって一度にとれるコーヒーの量と時間が変わります。

詳しく見る

自販機

導入時に考えること

オフィスコーヒーはリラックス効果と職場の人間関係を円滑に進める効果もあり、マシンの掃除などに面倒を感じるかもしれませんが、美味しいコーヒーを直ぐに飲めるのです。自分達の職場にも導入を考えてみましょう。

詳しく見る

仕事の効率を上げる

コーヒー

スタッフへの配慮

仕事の効率化のために、システムや最新機械を導入したりすることも多いと思います。やはり、優れたものですから、効率は上がるでしょう。ただしその分、お金もかかります。その点でなかなか導入できないという企業も多いのではないでしょうか。そこで仕事の効率を上げるために、まずは身近なところといいますか、基本的なところといいますか、働いているスタッフの環境を整える、ということをしてみませんか。今いるスタッフの作業効率を上げるための環境作りです。環境を整えるといっても難しく考えず、例えばオンとオフを仕事中もうまく切り替えやすくし、集中しやすくしてあげる。コーヒーを給茶器で提供してみるなどどうでしょうか。職場では缶コーヒーを飲んでいる人も多いと思います。まずはそういった方に喜ばれます。缶コーヒー代もばかにならないですし。また、コーヒーはそんなに好きではなく買ってまで飲まない人でも、眠気覚ましに飲む、というのもあると思います。そう考えると、「コーヒーは嫌い」という人以外には喜んでもらえます。今まではコーヒーを買いに行くのが面倒であったり、お金の節約などで飲むことを我慢、または飲む必要性を感じなかった人も、職場にコーヒーを飲める環境があれば利用しますし、利用することで小休憩をとって、一息つくことで残りの仕事に集中しやすくなると思います。そうなればスタッフ一人一人の効率が上がるのも間違いないのではないでしょうか。

Copyright© 2017 仕事の効率を高めるために|オフィスにコーヒーが飲める環境を作ろう All Rights Reserved.